コート軽い暖かい、ビジネスでも着れるレディースコート特集

コート軽い暖かい、ビジネスでも着れるレディースコート特集

コート軽い暖かい、ビジネスでも着れるレディースコート特集

暖かいコート
軽くてかさばらないコートが欲しい、
ダウンより暖かいコートが欲しいという方はたくさんいますね。

 

薄くて軽くて暖かいコートのおすすめは
キルティングのコートは、暖かいですが、ビジネスシーンにはややカジュアル感がでてしまいます。
そこで、軽い暖かい、ビジネスでも着れるレディースコート集めました。

 

暖かいコート
とにかく暖かいコートがいい!
でも重いのはNGですよね。

 

 

寒いと体に力が入ってしまうので、体が硬くなったり肩がこります。
さらに、コートが重いと余計に疲れてしまいます。

 

 

寒がり女子必見!

 

でもあんまり軽いコートだと寒くないかと疑問に思いますよね?
確かに薄く軽いコートだと少し寒いような気がします。

 

そこで、軽くてあったかいコートを特集してみました。

 

 

軽く暖かいダウンコート

暖かいコート
真冬の定番アイテムであるダウンコート。
中には水鳥の羽毛や羽根が入っています。

 

ダウンは、羽毛でフェザーは羽根のことです。
ふわふわの羽毛や羽根の間に空気を溜め込み体温で中の空気を暖めます。
着た瞬間は暖かくありませんが、少し経つとポカポカとあったかくなります。

 

羽毛の種類には、グース(ガチョウ)とダック(アヒル)があります。
一般的にグースの方がふくらみが良くて暖かくなります。

 

フィルパワー
ダウンのふくらみ具合を示す数値のことです。
700fp以上のものは極寒地域でも耐えられるほどの暖かさです。

 

ダウンとフェザーの比率

ふんわり膨らむダウンが多い方が暖かくなりますが、フェザーが入っていないと潰れやすくなります。9:1(ダウン:フェザー)か8:1くらいがちょうどよくなります。

 

暖かいコート
写真のダウンコートは5,390円です。
→詳しくはこちら

 

 

ダウンの暖かさだけを優先するなら、価格が安くても問題ありませんが、ボリューム感がありあまりビジネスには不向きといえます。

 

ビジネスで着用するならちょっと高級なものでダウンを薄く入れたもの、寒さ対策最優先で選ぶならフィルパワーが高いものをチョイスしましょう。

 

 

高機能で暖かい新素材の中綿コート

暖かいコート

 

ダウンではなく生地の間に綿が入っている中綿コートは、ダウンに比べると価格が安くお手頃で、軽くてとてもいいですしょね。

 

しかし、中綿だと寒くない?って疑問があります。
暖かさはダウンには劣るというのは昔の事です。

 

中には、ダウンよりも寒い中綿コートはたくさんあります。

 

でも、最近は新開発された高機能な中綿を使用してる中綿コートはあったかいんです!
最新の中綿コートが続々登場しています。
暖かいコート
DoCLASSEのマジカルサーモがスゴイ!

 

DoCLASSEを見る

 

暖まった空気を逃さない高機能な中綿を採用しているのがマジカルサーモ。
ポリエステルの生地が暖かい空気を逃さないので、ダウンのように暖かいんです!
しかも、ダウンよりもボリュームが抑えめなので、着膨れしなくビジネスでもすっきり羽織れるのが嬉しいですよね。
暖かいコート
マジカルサーモシリーズ

 

シワになりにくく、雨や雪でも安心な撥水加工も施されているので冬に大活躍してくれます。

 

→詳しくはこちら

 

 

 

軽いウールコートって暖かいの?

暖かいコート
すごく寒い時期って意外と短いものです。
そのためにダウンを買っても普段はあんまり着れない方もいると思います。
そんな方は軽めのウールコートをレイヤード(重ね着)で着こなしましょう。

 

コートの下に薄手のインナーダウンを挟むことで、より暖かくなります。
くるくるっと小さく収納できるインナーダウンなら、室内で脱いだ時にも邪魔になりませんね。カーディガン感覚で室内で着ていてもOK!
秋〜真冬、春先まで大活躍できますね。♪
暖かいコート
こちらのコートは6290円

 

→詳しくはこちら

 

 

まとめ

冬の暖かい着こなしできる軽くて暖かいコートを特集しました。
寒い冬を乗り切るためには、レイヤードする、ジャストサイズを選ぶ、冷たい風が入ってこない首元にスカーフをするなど少し意識するだけで寒さは違ってきます。

 

登山服はレイヤードが基本です。
重ねることで空気の層ができ、暖かくなるんです。

 

 

インナー(肌着・下着)、ニット、カット(セーターやカットソーなどのトップス)そしてアウター(ブルゾンやジャケット)を重ねるだけでずいぶん違うものです。
少なくとも3種類を組み合わせて温度調節しましょう。

 

また、サイズが大きい服は、あったまった空気層が逃げやすくなります。
冷たい空気も入りやすくなりますので冬はジャストサイズがおすすめです。

 

また、ストールや手袋、タイツなどで冷気が入らないようにしましょう。