アパレル業界で働く!ファッションアドバイザーになるには。

アパレル業界で働く!ファッションアドバイザーになるには。

アパレル業界で働く。

ファッション業界
洋服が好きな人が集まるアパレル業界。
オシャレでセンスある人がたくさん働いています。
そして、アパレル業界には様々な仕事があります。
その中でも一番働いている人が多いのがファッションアドバイザーです。

 

アパレル業界で仕事したい人が、まず経験するのもファッションアドバイザーになります。
ファッションアドバイザーを経験したのち、店長やバイヤーなどの経験を経てプランナーやデザイナーになる人もいます。
最初から、企画やデザインで入れる人はごくわずかです。
しかし、アパレル業界は入りやすく、その後の将来も多岐に渡って選択肢がある業界といえます。
また、出会いの場も非常に多い業界と言えます。

 

 

アパレル業界の主な職種

商品開発
服の商品開発を行う人で、デザイナーやパタンナーといった専門職です。
デザイナーとは、服をデザインする人です。
デザイナーの仕事は、服の素材を決めたり、コストを計算したりとその仕事は幅広く経験と知識が必要です。
パタンナーはデザイナーがデザインした服をの型紙をおこす人です。
デザイナーの仕事はパタンナーなしでは成り立ちません。
また、デザイナーに指示を出すMD(マーチャンダイザー)は給与も高く人気な職種となっています。

 

プレス・広報
マーケティングを担当になります。
市場マーケティングをし、広告やマスコミ対応をします。
ブランドイメージなどを考え、戦略を立てます。

 

 

生産管理・在庫管理
服を作るための資材を調達や工場手配などを行います。
また在庫管理をして、どの商品が売れ筋で、どの店に在庫するのか計画実行します。
マーケティングとしての知識も必要で、知識以上に経験が必要な裏方業務です。

 

バイヤー
セレクトショップや小売店で、商品(洋服)を買い付けする仕事です。
価格やトレンド、売上見込みなどを考え商品の発注をします。
先見の明が必要とされます。

 

ファッションアドバイザー
ブランドを支える、「縁の下の力持ち」的存在のファッションアドバイザー。
お客様に商品を売ることが仕事です。
アパレル業界は、入社するとファッションアドバイザーから、というブランドは多くなります。
その後、店長やバイヤー、商品企画などキャリアを築く上で重要な仕事です。

 

アパレル業界には様々な仕事があります。
デザイナーやパタンナー、バイヤーは個人の能力が必要です。
能力次第で給料は大きく上がります。
また経験があり、センスが認められるとフリーになる人も多くいます。
その最初のステップがファッションアドバイザーとも言えますね。

 

 

 

ファッションアドバイザーの仕事とは

ファッションアドバイザーの主な仕事は来店したお客さまと接して店の商品を売っていくことです。
ですが、その商品の種類や店舗の特性などによって接客の方法はさまざまあります。

 

店舗の経営母体にもバリエーションがあり、店内に並べられる商品が店舗へ届くまでの仕組み(流通)にも、いくつかのパターンがあります。

 

 

ファッションブランド店の商品がお店に届くまで
ここではファッションブランドショップ(直営店)と百貨店を例にとって、簡単に説明します。
ファッションブランドショップとひと口にいっても、流通には複数のスタイルがあります。

 

大きく2つにわけると、自社製品を売るショップと、別の会社がつくった商品を仕入れて売るショップがあります。

 

前者は、商品の企画、製造から店舗での販売まで一貫して行うSPA(製造小売業)のケースで自社の工場から店舗へと商品が届けられます。
ユニクロなどが代表的ですね。
そして、自社で企画した商品の製造を別の会社に委託しているケースもあります。

 

後者の別の会社がつくったものを販売するファッション専門ショップは、問屋を通じて商品を仕入れます。
欧米ではメーカーと小売業者が直接取引することが多くあります。
しかし、日本ではファッション業界に限らず、製造された商品はまず卸売業者である問屋に卸され、そこを通じて小売店のバイヤー(仕入れ担当者)が商品を仕入れるのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

 

ファッションアドバイザーになるには。

商品知識を身につけることが必要。

商品が店頭に並ぶまでには多くの人がかかわり、たくさんの工程を経ています。
しかし、商品の企画者や実際につくった人、その商品を選んだバイヤーたちには、商品に対する自分の思いをお客さまに伝えるチャンスはありません。

 

店で売られる商品のすぐれた点、ほかの商品にはない斬新さ、そのブラッドのコンセプト、また企画や製造にまつわるエピソードなどをお客さまに伝えられるのは、ファッションアドバイザーだけでです。

 

ファッションアドバイザーはそのことを意識して、商品に関する情報を仕入れ、仕事に活かすことが大切です。

 

最近は、ネットショッピングが盛んになってきました。
店舗に直接足を運ばなくてもスマホで商品が選べ、家まで届けてもらえる買い物は確かに便利です。
しかし、ファッションアドバイザーを介して店で行うショッピングには、ネット販売では得られない利点があります。
お店

 

たとえば洋服や靴、装飾品を買いに行くとき、「友人と遊びに行くときの服が欲しい」という目的は決まっていても、具体的に買う服までは決めていない場合が多くなります。
そんな時、専門家の目を通して目的に応じた服を勧めてもらったり、商品の特性やほかの持ち物とのコーディネートを提案してもらい、それが自分の理想とぴったり合った時は嬉しいですよね。

 

ファッションブランドのファッションアドバイザーがファッションアドバイザーとも呼ばれるようになったのは、的を得た「アドバイス」が着実に売り上げに結びついたからです。
ファッションアドバイザーはそのお客さまに合うアドバイスができることを目標とし、常に商品知識を増やしたり、接客力をみがいて行くことが必要です。

 

 

どんなに人とのコミュニケーションが上手でも,自分が売る商品の知識が半端ではお客さまから信頼してもらえません。

 

では、どのようにすれば商品にくわしくなれるのだろう。

 

商品が自社商品の場合、社内で制作している商品の企画書やパンフレット、広告などをしっかり覚えるのは基礎中の基礎です。

 

店舗にやってくるエリアマネジャーやバイヤー、同じ店舗で働くスタッフなどにも積極的に質問し、知識を増やしていきましょう。

 

売り上げの多いスタッフが身近にいたら、その人がお客さまに説明している時にさり気なく耳を傾けているとセールスのポイントがつかめます。

 

ほかのメーカーの商品を扱う場合は、やはりパンフレットなどで商品について把握し、メーカーの営業担当者が店舗に来た時、パンフレットには載っていない情報を聞いてみることが大切です。
メーカーのネット情報を確認したり、雑誌で情報を得ることもいいですね。

 

また商品によってはメーカーが展示会や発表会などを主催しているので、それらに参加したり、参加したスタッフから話を聞いてみましょう。

ネット

 

ネット上に情報があふれ、雑誌にもくわしい商品説明が掲載される現在。
お客さまのの知識や情報量も格段に増えているためヽそれを上回る専門的な知識や商品にまつわるエピソード、歴史について蓄えておくことが必要です。

 

 

たとえば衣料品の素材にしても、技術の革新でさまざまなものが使われるようになってきました。
それらの開発にはどんな秘密があったのか、その素材は従来のものよりどんな点が優れているのかなどを自分でも調べてみよう。
また商品の開発者やデザイナー、メーカーの最新情報なども、お客さまとの会話の中に自然と組み込んでいけるようなファッションアドバイザーであるといいですね。

 

 

 

 

販売の仕事とは

では具体的に販売とはどんな仕事なのか確認してみましょう。
お客さまと直接接する仕事を接客業といいます。
販売も接客業のひとつになります。

 

ホテル、飲食店、美容院などでお客さまと接する仕事も接客業ですが、ファッションアドバイザーの場合は「店に置いてある商品をお客さまに買ってもらう」という役割があります。
そこがほかの接客業と違います。

 

店を訪れるお客さまは、そこの店にある商品を「絶対に買う」と決めているとは限りませんよね。

 

みなさんもショッピングに出かける時、「新しいパンツが欲しい」「気に入ったものがあったら買おう」と思って買い物に行きます。

 

ファッションアドバイザーの実力は、そのようなお客さまが訪れた時にこそ発揮されます。

 

さり気なくお客さまの好みを聞き出し、それにふさわしい商品を紹介、説明していくことで「販売」につなげ、お客さまに感謝されることがファッションアドバイザーの仕事の醍醐味です。

 

お客さまがあらかじめ買う商品を決めて来店した場合も、ていねいに、かつにこやかに接客することでお客さまに満足してもらい、また来店してもらうことを心がけるのが販売の仕事です。

 

 

活躍の場は「売り場」だけではない

ファッションアドバイザーの仕事場はもちろん店舗の中ですが、実は仕事内容は「接客と販売」だけではありません。

 

たとえば百貨店や家電量販店、ファッションブランドショップなどには、店舗で販売するための商品が毎日メーカーから納品されます。

 

届けられた商品は、検品(箱に記された名称や番号と中身が合っているかを調べる)したうえで、いったんストックにしまわれるのが一般的ですね。

 

この検品や倉庫の整理もファッションアドバイザーの大切な仕事である。

 

商品をストックにしまう場合、すぐに店頭に出す商品を奥のほうに入れてしまったら、取り出す時に手間がかかってしまいます。

 

また、どの商品をどこに置いたかわからなくなれば、必要な時にすぐ商品が取り出せず、余分な時間がかかってしまいます。

 

お客さまには見えない保管場所をいかに機能的に整理整頓できるかが、仕事の効率や売り上げを左右します。

 

店舗内のディスプレーも、ファッションアドバイザーがやります。
新人がいきなりディスプレーを任されるケースは少ないですが、先輩のやり方を見たり、ほかの店舗のディスプレーも参考にするなどして、自分なりに常に考えておくことが大切です。

 

 

 

ファッションアドバイザーのやりがい

売場でファッションアドバイザーを続けている人に仕事のやりがいを聞いてみると、「人に感謝されるから」「人の役に立てるから」という答えが圧倒的に多くなります。

 

ファッションアドバイザーは商品を売ることで会社に貢献でき、そのうえ商品を買ってくれたお客さまにも感謝される仕事です。

 

とはいっても、接客した人すべてに感謝されることは不可能です。

 

感謝どころかクレームをつけられる場合もあります。

 

たとえば急いで買い物をすませたいお客さまに長い時間をかけて商品の説明をして、「もっと手短にしてほしい」と言われることもあり得ますね。

 

お客さまのためを思ってしている言動が、必ずしも相手に喜ばれるわけではありません。

 

そこが接客業の難しいところですが、逆に考えればやりがいにもなります。
多くのお客さまと出会い、さまざまなアプローチを続けるうち、その相手にふさわしい言葉遣いや接客法がしだいに身についてきます。
それは販売の仕事だけでなく、プライベートでの人づきあいにも通じますね。
別の言葉でいえば、販売業とは人との接し方を学びながら自分を高めていける仕事です。

 

 

 

ネットショッピング時代の「価値」
このところ年々ネットショッピングが盛んになり、総務省の調査によると、すべての年代の人を平均して7割以上が利用しています。
また民間会社の調査では、20代から60代の女性のうち、65.6%の人が衣類やバック、靴、アクセサリーなどをネットで購入した経験をもつそうです。
こうしたデータを見ると、店舗で直接お客さまに商品を提供するファッションアドバイザーにとって「逆風」と思われるかもしれません。
しかし、実はネットショッピングの普及で、ファッションアドバイザーの「価値」が上がっています。
スマホで気軽に買い物ができるネットショッピングは確かに便利だが、「実際の商品を見て買いたい」「お店のファッションアドバイザーから商品の説明を聞いて買いたい」「なじみのファッションアドバイザーがいるお店でアドバイスを受けたい」などの声も大きいんです。
このため、どの業界もファッションアドバイザーの育成にますます力を注ぎ、優秀なファッションアドバイザーには特別な称号を与えたり、収入をアップするなどの対策を急ピッチで進めています。

 

 

ネットショッピングという「見えないライバル」が出現したことで、豊富な商品知識を備え、お客さま一人ひとりに寄り添ってアドバイスができるファッションアドバイザーが注目されています。
新しくやってきたネットショッピングの時代は、接客業をめざす人にとって目的意識ややりがいが大きく広がる時代とも言えますね。

 

 

 

 

 

 

アパレル
アパレル と は
アパレル ウェブ
アパレル バイト
アパレル ブランド
アパレル 余剰 マート
アパレル 就職
アパレル 店員
アパレル 志望 動機
アパレル 意味
アパレル 業界
アパレル 正社員
アパレル 求人
アパレル 派遣
アパレル 給料
アパレル 英語
アパレル 転職

アパレル業界で働く!ファッションアドバイザーになるには。記事一覧

dummy
販売員の基礎的なルールとマナー

どこの店舗でも、販売員として守るべきルールやマナーがある。扱う商品や顧客層などの違いでルールやマナーに多少の差はあるが、共通して言えることは「清潔感」と「品格」が重視されることだ。清潔感は身だしなみ、品格は言葉遣いや態度で印象づけられるので、ここではその二つを中心にして基本的なルールとマナーについて説明しよう。まずは勤め先のマニュアルを覚える みなさんが飲食店やショップを訪れた時、その店独特のあい...

続きを読む
ファッションアドバイザーに必要な資質とは

ファッションアドバイザーにはどんな人が向いているのでしょうか。この質問を売場のファッションアドバイザーにしたところ、にさまざまな回答が返ってきました。なかには相反する意見もあり、「こんな人なら絶対に優秀なファッションアドバイザーになれる」という究極の答えは見つりませんでした。それでもやはり、周囲の人から信頼を集め、売り上げ目標も達成できるファッションアドバイザーになる可能性が高い「性格」「思考法」...

続きを読む
百貨店のショップで働くファッションアドバイザー

百貨店はその名の通り衣料品から装飾品、食料品、雑貨など日常で必要なものがほぼすべてそろう総合小売店です。そこで販売される商品は各部門のバイヤーたちが問屋やメーカーから直接仕入れています。たとえば百貨店のファッション売り場には海外の製品も数多く並んでいますね。それらも問屋や商社を通したり、バイヤーが海外へ買い付けに行ってメーカーから仕入れてきたものです。また百貨店では国内外を問わずいろいろなメーカー...

続きを読む
アパレル業界の給料は高い、それとも安い。ランキングで確認!

アパレル業界の年収や20〜65歳の年収推移と給料は会社や職種によってもずいぶん違うものです。アパレルでも比較的給料が低いとされるのがファッションアドバイザーです。正社員の場合、初任給は月給17万円から20万円程度が一般的です。ファッションアドバイザーの場合は年収は300万から400万くらいが一般的です。もっと多くの収入を得たい場合は、商品企画やバイヤーなど、本社勤務を目指すことになります。賃金構造...

続きを読む